プログラマ独立の健康管理

プログラマとして独立を考えている方にとっては、「独立後が楽しみ」と思っている方も多いと思います。独立後には、毎朝同じ時間に出社する必要もありませんし、残業などもする必要がありませんからね。しかし、独立後には自由を得られるだけではなく、補償保障がなくなってしまうことになるため注意が必要なのです!

では、独立後に注意したい健康管理についてご紹介しましょう。独立しようと考えている方は、現在企業などに所属して仕事をしていることになると思います。当然ですが、企業に所属し、仕事をしていれば毎月必ず決まったお給料が支払われることになりますし、有給休暇などもありますから、安定した生活が出来ていたと思います。しかし、独立すればこういった補償は一切なくなってしまいます。万が一、怪我や病気などをして仕事が出来なくなってしまえば、その月の収入はゼロになってしまうということをしっかり認識しておきましょう。

当然ですが、有給休暇などはありませんから、休めば休む分だけ収入は減ってしまうということになります。将来的に考えても、企業に所属していれば退職金などがありますが独立してしまえばこれらの補償もなくなってしまいます。そのため、独立後は健康管理をしっかりと行っていかなければ、生活維持も出来なくなってしまう可能性があるのです。自由に休みを取れる分、予定外の休みに関しては収入に影響するということを忘れてはいけません。

このように、プログラマの方が独立をする際には常に健康管理に気を付けることが重要となります。どんなに自由に仕事が出来ても、収入がなくなってしまえば、生活すら出来なくなってしまいます。そのため、健康管理に気を付け仕事に取り組んでいくことが非常に重要となります。

Posted under