プログラマ独立の失敗例

プログラマという仕事は、どれだけのスキルがあるのか経験があるのかによって待遇なども変わってきますよね。企業に所属している方の中には、「これだけの実力があるのだから、独立しても成功するだろう」と思っている方も多いと思います。しかし、プログラマとして独立し、成功させるためには技術力だけでは成功することは出来ません。

では、プログラマとして独立に失敗している方は、どういった原因があるのかご紹介しましょう。企業に所属し、プログラマとして活躍してきた方の多くはプログラマの仕事のみに集中していた方がほとんどでしょう。そのため、技術力やスキルなどは高いのですが、接客力やコミュニケーション力、経営力などには欠けている方が多い傾向にあります。独立すれば、当然ですが自分で仕事を見つけていくことが必要となるため、営業力やコミュニケーション力が低ければ、仕事を得ることが出来ません。経営力がなければ、おかしな単価設定としてしまうことで、仕事依頼をしてくる方がいなくなったり、内容に見合わない安い単価設定をしてしまうことで、満足な収入を得ることが出来なくなってしまう可能性もあります。

独立するということは、個人事業主となることになりますから会社として経営をしていくことも重要なため、こういった知識なども身に付けておかなければどんなに高い技術力を持っていても失敗してしまう可能性が高いことを知っておきましょう。

このように、プログラマとして独立したいと考えている方は技術力やスキルだけではなく、自分には営業力があるのか、コミュニケーション力は十分か、経営力はあるのか、なども見直すことが必要となるでしょう。足りないスキルがあると感じた方は、独立前に必要なスキルを身に付けておくことをおすすめします。